• 印刷する

2月の輸出、4.7%減の200億ドル

ベトナム統計総局(GSO)が2月28日に発表した2月の輸出額(速報値)は、前年同月比4.7%減の200億米ドル(約2兆1,320億円)だった。輸入額は10.5%増の208億米ドルで、貿易収支は8億米ドルの赤字となっている。

2月単月の輸出のうち、「電話・電話部品」が前年同月比34.3%減の32億米ドルで最大だった。「電子・電子部品」が9.1%増の30億米ドル、「機械・機械設備」が31.4%増の22億米ドル、「繊維・衣類」が6.4%減の21億米ドルで続いた。

輸入品目では、「電子・電子部品」が14.7%増の52億米ドルで最も大きかった。「機械・機械設備」が20.6%増の29億米ドル、「電話・電話部品」が42.9%増の13億5,000万米ドル、「生地・織物」が5.1%増の7億5,000万米ドル、「鉄鋼」が13.6%増の7億米ドルで続いた。

1月の輸出額の改定値は285億4,600万米ドルで、速報値から8億4,600万米ドル増加した。輸入額は264億5,900万米ドルで、5,900万米ドル増えた。

■1~2月の輸出は23%増

1~2月の輸出額は前年同期比23.2%増の485億4,600万米ドルだった。輸入額は25.9%増の472億5,900万米ドルで、貿易収支は12億8,700万米ドルの黒字だった。

輸出品目をみると、「電話・電話部品」が22.8%増の92億9,900万米ドルで最も大きく、「電子・電子部品」が27.3%増の68億9,300万米ドルでこれに続いた。このほか、「機械・機械設備」が72.6%増の54億5,500万米ドル、「繊維・衣類」が0.01%減の47億6,100万米ドルだった。

1~2月の輸出先で最大だったのは米国で、38.2%増の142億米ドル。中国は54.3%増の85億米ドル、欧州連合(EU)は22.7%増の63億米ドル、東南アジア諸国連合(ASEAN)は6.2%増の42億米ドル、韓国は16.8%増の34億米ドル、日本が3%増の32億米ドルだった。

輸入品では、「電子・電子部品」が23.9%増の108億5,900万米ドルで最大。「機械・機械設備」が30.8%増の68億1,200万米ドル、「電話・電話部品」が74.6%増の36億3,800万米ドルで大きかった。

輸入を国・地域別でみると、中国からの輸入が85.7%増の173億米ドルで最も大きかった。韓国が6.7%増の84億米ドル、ASEANが18.5%増の56億米ドル、日本が0.2%減の31億米ドル、EUが4.7%増の23億米ドル、米国が4.1%減の21億米ドルで続いた。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

失業や減収、1Qは910万人 コロナ3波で改善傾向止まる(04/20)

ハノイ証取、23年7月に新規上場停止を検討(04/20)

リエンベト銀、1Qは税引き前利益倍増(04/20)

首相、中銀に金融市場の安定・健全化指示(04/20)

感染リスク依然高く、不法入国対策など確認(04/20)

年金保険料、労働省が最低納付期間短縮提案(04/20)

鉄鋼ホアセン、3月純利益は前月比3.2倍(04/20)

後発薬の美時、タイ企業と東南アジア深耕へ(04/20)

韓国企業、自動車部品産業への投資模索(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン