• 印刷する

商船三井、LPG河川輸送で政府と覚書

インド港湾・船舶・水路省は2月25日、傘下のインド内陸水運局(IWAI)が液化石油ガス(LPG)の河川輸送で商船三井グループと覚書を結んだと発表した。インド側はLPG輸送を陸上から河川に切り替えることで、輸送コストと二酸化炭素排出量を削減したい考えだ。

商船三井の広報担当者によると、インド法人のMOLシッピング・インディアが内陸水運局と覚書を結んだ。同社はインドでの新たな取り組みとして、かねて内陸水運局と協議を重ねていた。具体的には、ガンジス川沿いの北部ウッタルプラデシュ州アラハバードから東部・西ベンガル州ハルディアを結ぶ「国家水路(NW)1」と、インド北東部の州とバングラデシュを通る「国家水路2」の2つのルートでLPG輸送を計画中という。

港湾・船舶・水路省によると、インドのLPG輸送は6割が陸上輸送で、1トンを1キロメートル運ぶごとに5~6ルピー(約7~9円)のコストがかかっており、国内の石油各社は河川の利用によるコスト削減に関心を示している。トラックによる陸上輸送では一度に運べる量も少なく、ストライキなどにより輸送に遅れが生じることもあるため、河川輸送への期待が高まっている。


関連国・地域: インド
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

二輪ロイヤル、タイでCKD生産を開始(11/26)

【スタートアップ大国】代替肉や卵の原材料を開発 プロイオン、植物で食感など再現(11/26)

パナソニック、産業用IoT市場に進出(11/26)

オージス総研、インドのIT企業に出資(11/26)

アウディがEV販売を強化、現地生産も検討(11/26)

商用車アショク、北東部の販売網を強化へ(11/26)

エイサーとディクソン、パソコン生産で提携(11/26)

農機キサン、南部AP州に耕運機工場(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン