• 印刷する

テイクオフ:マレーシアに来てから自…

マレーシアに来てから自炊することはほとんどなくなった。日本では自炊をして節約していたが、マレーシアでは外食した方がたくさん食べられて安くつく場合が多い。にもかかわらず、新型コロナウイルス対策の活動制限令で外出がままならず、食べたいものを食べに行けない鬱憤(うっぷん)がたまり、料理動画に夢中になっている。

自分では到底作れない料理が早回しで完成していくのを見ていると、幸せな気持ちになる。また、動画の中で作られている料理を食べられるお店を探すのが日課になった。

幸い、先日から店内飲食が認められるようになったので、早速気になっていたお店に行ってみた。言うまでもないが、動画を見るより食べた方が何倍も幸せな気持ちになれる。新型コロナによって、外食できるという当たり前のことが、実はとてもありがたいことだと気づかされた。(望)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

フィンテックのフェイブ、印企業に身売り(18:23)

伊ゼネラリ、仏アクサと事業の買収交渉(17:03)

テイクオフ:アプリによる料理宅配サ…(04/14)

MRT3号線、8月にも入札 総延長50キロに30駅を設置へ(04/14)

プロドゥア、SUV「アルス」を隣国に輸出(04/14)

RM1=26.4円、$1=4.14RM(13日)(04/14)

半導体不足、数カ月で正常化=サイム自動車(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン