自主接種ワクチン、シノファーム製を確保

インドネシアのルフット調整相(海事・投資担当)は25日、民間企業による新型コロナウイルス感染症のワクチン自主接種用に、中国の国営中国医薬集団(シノファーム)から最大3,000万回分を確保したと明らかにした。3月末には200万回分が調達できるとの見通しを示した。25日にオン…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

韓国と開発のワクチン、年内商用化の見込み(20:46)

ホテル大手ファーイースト 、隣国同業と提携(19:42)

マルチファイナンス6社がM&Aを計画(20:53)

テイクオフ:ネット通販を利用してい…(04/21)

【この人に聞く】変わるビジネス環境 ジェトロ、日本の投資を後押し(04/21)

政策金利据え置き、経済成長率は下方修正(04/21)

QRコード決済、5月から上限500万ルピア(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン