• 印刷する

デンソー、ス州で自動車用半導体製造へ

マレーシア投資開発庁(MIDA)は24日、デンソーのマレーシア現地法人、デンソー・マレーシアによる1億6,000万リンギ(約42億円)の新規投資計画を承認したと発表した。スランゴール州の生産拠点にラインを増設し、自動車向け高性能半導体の製造に乗り出す。

MIDAとデンソーの共同声明によると、完全自動化された生産ラインを立ち上げ、4月から特定用途向け集積回路(ASIC)「エクスポーズド・パッケージ(Ex―PKG)」の生産を開始する。Ex―PKGは高機能かつ小型で、放熱効果やコスト面でも優れているという。

デンソーの広報担当者はNNAに対し、「インフラが安定しており、半導体産業が集積するマレーシアで、最適な供給体制を確立すると同時に量産効果の最大化を狙う」と説明した。

MIDAは、デンソーによる生産ラインの新設は、2020~30年の新国家自動車政策(NAP2020)に盛り込まれた次世代自動車の部品開発強化とも合致していると指摘。アズマン・マハムド最高経営責任者(CEO)は「日本国外の先進的な製品開発拠点にマレーシアが選ばれたことを誇りに思う」と述べた。事業運営費用として今後5年間で2,000万リンギを超える支出が見込まれることから、地元の金融、IT、運輸業界にもプラスに働くとの期待を示した。

デンソー・マレーシアは1980年の設立。デンソーにとって東南アジア諸国連合(ASEAN)で唯一の半導体生産拠点として、北米、中国、欧州などへの製品供給ハブとなっている。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプールのイン…(04/19)

新型コロナ第4波の到来懸念 州をまたぐ移動制限解除は困難に(04/19)

新規感染2195人、4日連続2千人超(04/19)

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

3月も新車販売が好調、前年同月の約3倍に(04/19)

プロトンのSUV「X50」、予約4万台に(04/19)

RM1=26.4円、$1=4.13RM(16日)(04/19)

3月の国内空港利用者数、82%減の58万人(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン