1月の輸出受注が過去最高 前年比49%増、閑散期も伸び続く

台湾の経済部(経済産業省)統計処が24日発表した2021年1月の輸出受注額は、前年同月比49.3%増の527億2,000万米ドル(約5兆5,600億円)だった。同月の過去最高額を更新した。プラス成長は11カ月連続で、10年2月以降で最大の伸び幅だった。春節(旧正月)のずれ(今年は2月、昨…

関連国・地域: 中国香港台湾日本ASEAN米国欧州
関連業種: 化学鉄鋼・金属その他製造IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

花蓮震源に2度の地震、最大震度6弱(00:05)

テイクオフ:台湾人の妻がIT企業で…(04/19)

30年までに1ナノ以下生産へ 南部に供給網、競争激化に対応(04/19)

TSMC、ファウンドリーは来年も需給逼迫(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

ファウンドリー生産額、今年は過去最高に(04/19)

日米共同声明に「台湾」、対中国=日本は板挟み(04/19)

TSMCの工場停電、ウエハー数千枚廃棄か(04/19)

日中改善の勢い「失った」、中国共産系メディア(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン