• 印刷する

三菱ケミ、アクリル樹脂原料の本社機能集約

三菱ケミカルは24日、アクリル樹脂原料であるMMA(メタクリル酸メチル)事業の本社機能をシンガポールに集約すると発表した。同事業を世界規模で強化するためで、関連する中核会社を「三菱ケミカルメタクリレーツ」を含む名称に統一する。

三菱ケミカルは、MMAでモノマー(単量体)事業の拠点11カ所、ポリマー(重合体)事業の拠点6カ所を国内外で保有。デジタル技術を活用して生産、コスト、需給などの状況を共有しながら製品供給網の最適化を進めている。

三菱ケミカルや英子会社ルーサイト・インターナショナルのほか、各地域に分散するMMA事業の中核会社については、4月1日付で三菱ケミカルメタクリレーツを含む社名に統一する。

シンガポールでは、既存のルーサイト・インターナショナル・シンガポールを4月1日付で三菱ケミカルメタクリレーツ・シンガポールに社名変更。海外のサプライチェーン・マネジメントを含む本社機能を同社に集約する。日本では4月に三菱ケミカルメタクリレーツを新設する予定だ。

MMA事業の本社機能はこれまで、日本や英国に置いていた。意思決定の一元化や迅速化を図るとともに、多様化する人材の登用など経営基盤を強化するため、シンガポールに集約することにした。

MMAは、自動車のランプカバー、看板、水族館の水槽、塗料、建材などに使われるアクリル樹脂の原料。世界需要は300万トン超で、今後も伸びが見込まれている。最近は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飛沫(ひまつ)感染防止用のアクリル樹脂板の需要が世界各地で拡大している。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 自動車・二輪車化学

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスワク…(04/19)

3月輸出額、単月で過去最高 非電子好調、見通し楽観視の声(04/19)

豪NZの双方向隔離なし渡航、きょうから開始(04/19)

単純労働者の入国困難、感染対策徹底で(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

カラオケまねきねこ運営社解散、コロナ禍で(04/19)

自宅隔離でのビジネス渡航が第1目標=首相(04/19)

シンガポール航空、香港への乗り継ぎ中止(04/19)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン