• 印刷する

テイクオフ:電話口から「本日の営業…

電話口から「本日の営業は終了しました」という音声が流れる。午後に差し掛かったばかりの卓上時計の針を見て首をかしげる。取引先の東京本社は、営業時間は午後5時までだったはず。インドとの3時間半の時差をふまえても、まだ営業時間内だ。コロナ対策の在宅勤務で社内に誰もいないのだろうか。

しばらくして、2月23日が日本の祝日だったことに気が付く。山の日をはじめ海外勤務中に新設された祝日は、何年たっても覚えられない。なじみ深い建国記念日や文化の日なども、故郷から離れて暮らす時間が長くなるにつれ、やはり認識があいまいになる。

国外に住む者が知らずにかけてしまう祝日の電話は、どの国でも起きていることだろう。次にやってくるインドの全国的な祝日は3月29日のホーリー(水掛祭)だ。がらんとしたオフィスに、いったいどれだけの国際電話が鳴り響くだろうか。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「英アストラゼネカ製の…(04/20)

EUがインド太平洋戦略、中国にらみ初策定へ(04/20)

累計感染者1500万人突破 デリーで外出禁止、変異株懸念も(04/20)

世界の新規感染、過去最多(04/20)

ワクチン接種の対象、5月から18歳以上に拡大(04/20)

比など3カ国からの旅客便、着陸を拒否(04/20)

デリーで再び外出禁止措置、26日朝まで(04/20)

ラジャスタン州とUP州5都市で活動制限(04/20)

第2波で不確実性増大、NITIが警戒感(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン