1月CPIは0.2%上昇、11カ月ぶり高水準

シンガポールの1月の消費者物価指数(CPI、2019年=100)は100.4となり、前年同月から0.2%上昇した。上げ幅は、20年2月以来11カ月ぶりの高水準となった。民間輸送と宿泊のコストが増加したことなどが背景にある。 シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)と貿…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

農作物商社オラム、20年は増収減益(02/27)

制限緩和の第3期は当面継続、上級国務相(02/27)

フードテックの新興企業、1千万米ドル調達(02/27)

人材省が職場調査を強化、労災事故多発で(02/27)

新規感染13人、全て海外渡航者(26日)(02/26)

大手3行の通期決算2桁減益 貸倒引当金増、見通し不鮮明(02/26)

シンガポール航空、3月2日から羽田便再開(02/26)

シナールマス・ランド、同業3社を買収(02/26)

スーパー紀ノ国屋、海外で初販売(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン