• 印刷する

テイクオフ:きょう24日は、香港政…

きょう24日は、香港政府の陳茂波(ポール・チャン)財政長官が立法会(議会)で来年度予算案を発表する日だ。コロナ禍に対処するため歳出を大きく増やした結果、財政赤字が空前の規模に膨らんだことから、陳氏は2年連続の市民向け定額給付金(現金)支給に否定的な姿勢を崩していない。

思い起こせば、英国統治時代末期と1997年の返還後初代の財政長官を務めた曽蔭権(ドナルド・ツァン)氏(後に行政長官)は、予算案発表直前に市民の負担増や財政支援削減などをにおわせる発言を繰り返すものの、実際には経済や市民生活にある程度配慮した予算案を発表することが多かった。当時、「オオカミ少年戦術」などと呼ばれたものだ。

さて、現職の陳氏は来年度予算案に、予告を翻す形で2年連続現金支給などのサプライズ政策を盛り込むだろうか。かつての曽氏のように。(和)


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

金融とイノベ柱に経済振興 各種債券発行で市場育成、予算案(02/26)

予算案、株式取引の印紙税増税など負担増も(02/26)

来年度は公務員増やさず、支出抑制で(02/26)

化石燃料車、35年までに新規登録停止へ(02/26)

住宅6千戸分の宅地競売を計画、来年度に(02/26)

親中派・財界は予算案「評価」、負担増の声も(02/26)

1月の輸出44%増、春節のずれ影響(02/26)

新たに13人感染、域内で12人=計1万926人(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン