20年のCO2排出量が1割減 コロナで輸送減少、石炭由来は増

タイの2020年におけるエネルギー起源の二酸化炭素(CO2)排出量が前年比10%減の2億2,433万トンだったことが、エネルギー省エネルギー政策計画事務局(EPPO)のまとめで分かった。新型コロナウイルス感染症の流行に伴うロックダウン(都市封鎖)の実施により輸送部門で2割…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

市中感染者2千人突破、過去最多更新(23日)(04/23)

タイ政府、ロシア製などワクチン調達を加速(04/23)

医療観光の停滞で病院窮地に 大手13社、20年は大半が減収減益(04/23)

市中感染1470人、死者7人を確認(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

ウェンズ、高級車ロータスのタイ販売権取得(04/23)

ホンダ、「ウェーブ125i」の新型車発売(04/23)

発電EA、EVバッテリーのR&D会社設立(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン