東南ア車生産、300万台割れ 20年、内外需低迷で3割減少

東南アジア諸国連合(ASEAN)自動車連盟(AAF)がまとめた域内の2020年の自動車生産台数は前年比32%減の284万6,028台だった。300万台割れは11年以来9年ぶり。2年連続のマイナス成長で、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)により内外需が低迷したこ…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本ブルネイASEAN
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ下の飲食、衛生で明暗 中高価格帯の店舗、集客後押し(02/26)

【ラオス経済通信】総選挙実施、ベトナムとの国際国境開設も 第158回(02/26)

市中感染7人、ホーチミン市は全閉鎖を解除(02/26)

1~2月のFDI流入、16%減の55億ドル(02/26)

1月の港湾取扱量、17%増の6200万トン(02/26)

越航空、ロンタイン空港関連事業に投資計画(02/26)

タンソンニャット空港、30年までの計画変更(02/26)

テト期前後の定時運航率、バンブー航空首位(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン