• 印刷する

労働集約型産業の賃金調整を一部容認

インドネシア労働省は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた一部の労働集約型産業を対象に、賃金の額と支払い方法の調整を認めた労相令『2021年第2号』を出した。発出は2月15日付。企業の事業存続と、労働者の雇用維持が目的だ。

賃金調整の対象は、「政府の新型コロナ感染防止対策で、従業員の一部あるいは全員を自宅待機させた結果、事業活動の制限を受け、賃金の支払いに支障をきたす」企業。かつ「200人以上の労働者を雇用」「生産コストに占める人件費の割合が15%以上」――の両方を満たす企業。業種は▽食品・飲料・たばこ▽繊維・既製服▽皮革、革製品▽履物▽子ども用玩具▽家具――に限定した。

賃金調整には、労使間で書面による合意が必要。有効期間は最長で12月31日まで。

社会保険料や退職金、その他法令で定められた権利は、調整前の賃金を基に算出する。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料繊維その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テスラ投資提案、現在も協議中=調整相(02/26)

大統領支持率、コロナ長期化でやや低下(02/26)

三菱UFJがウェブ商談会 ダナモン銀と共催、26日まで(02/26)

シナールマス・ランド、同業3社を買収(02/26)

アストラ、20年決算は26%の減収減益(02/26)

UTのコマツ製重機販売、20年は47%減(02/26)

呼気式コロナ検査、4月から空港にも導入(02/26)

メラック港、11月に新たなふ頭を運用(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン