• 印刷する

〔政治スポットライト〕仏ネイバル、豪潜水艦費用見積もり引き下げ

フランス政府系造船会社ネイバル・グループが、オーストラリアと共同開発する次期潜水艦「アタック級」の設計・建造について、費用を引き下げることで検討に入ったもようだ。ネイバルが1月に提出した次期潜水艦の詳細設計に関する見積もりは、連邦政府が最高30億豪ドル(約2,450億円)と見込む予算の1.5倍だったようだ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

ネイバルとオーストラリア政府は、今後アタック級の詳細設計に取り組む予定で、費用などについて討議している。

ネイバルはアタック級のプロジェクトについて、オーストラリア側から地場企業の積極的な採用を求められている。一方、ネイバルは自社が提示した見積もりが連邦政府の予算を上回った背景として、参画を予定するオーストラリア企業の姿勢に問題があると考えているようだ。ネイバルによれば、900億豪ドル規模の次期潜水艦プロジェクトに参加するオーストラリアの複数の企業は、予想を上回る見積もりを提出してきたという。

オーストラリアの国防省では、現在運用するコリンズ級潜水艦をベースとする次期潜水艦案も浮上している。


関連国・地域: オーストラリア欧州
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家のトイレの水が止まら…(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

豪失業率、5.6%に改善 給与補助終了でも軟着陸(04/16)

車修理AMA、幹部離職と技術者不足に直面(04/16)

豪大手企、ウイグル問題批判で中国が報復も(04/16)

豪製造業が国内回帰強める、コロナ危機受け(04/16)

豪経済成長予測、エコノミストらが上方修正(04/16)

WAのGST配分引上げ、変更なし=豪首相(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン