日本政府、国軍に繰り返し自制要求

【共同】日本政府が、クーデターを起こしたミャンマー国軍に対し、抗議デモへの実力行使を自制するよう繰り返し説得していることが分かった。拘束されたアウン・サン・スー・チー氏らの早期解放も強く要求した。本格的な市民への弾圧があれば米欧の反発が激化するのは必至で、日本…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

投資相、経済「正常化」を強調 日本にODA再開と投資切望(12/08)

王子HD、板紙の新ライン稼働 年産能力2.5倍に、東南ア・印向け(12/08)

キリン合弁問題、「司法介入せず」と投資相(12/08)

民主派が書簡、日本政府に政権承認要請(12/08)

情勢打開へ意欲、カンボジア首相が1月訪問(12/08)

国軍にASEAN会議出席権利あり=議長国(12/08)

民主主義「侮辱」、欧米が判決を一斉非難(12/08)

スーチー氏禁錮刑に懸念、林外相(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン