北海道産の食品をタイで訴求 どさんこプラザ、鉄道開業追い風

北海道がタイで道産品の訴求に力を入れている。2018年に開業したアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」は昨年、新型コロナウイルス感染症の流行の影響もあり、1年目に比べ販売が半分以下に低下したものの、より集客の見込める売場に移設するなどテコ入れを図っている。昨年末…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

給付金事業、財務省が1~2カ月延長検討(15:12)

テイクオフ:ソン・ガンホ主演の「タ…(04/20)

【高齢化の諸相】優秀な人材の離職を未然防止 パソナ現法、社員意識調査ツール(04/20)

市中感染1384人、死者3人(19日)(04/20)

スタディスト、テマセク系などから資金調達(04/20)

車部品輸出、今年は200億ドル超=協会予測(04/20)

工業団地の販売・リース面積、上期は66%減(04/20)

タイポリコンズ、商業施設と学生寮を受注(04/20)

首都のオフィス供給、昨年末から0.2%増(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン