• 印刷する

《安全》ワクチン、初日は3万人が接種

ミャンマーで27日、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まり、全国各地の医療従事者3万551人が接種を受けた。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが28日伝えた。

ワクチン接種の第1号は、ネピドーの病院に務めるベテラン看護師で、27日朝8時に接種を受けた。ワクチンは、英製薬大手アストラゼネカなどが開発し、インドの製薬会社セラム・インスティテュート・オブ・インディア(SII)が生産した「コビシールド」。ミャンマーは22日、150万回分の寄贈を受けた。コビシールドは、1人2回ずつの接種が必要になるため、75万人分となる。

最優先の接種対象は国内に11万人いる医療職と、1万人の医療ボランティア。政府要人や連邦議会議員は医療従事者に次ぐ扱いで、29日には下院議員が、30日には上院議員と国軍代表の連邦議会議員が接種を受ける。

ネピドーの接種会場には、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が視察に訪れた。スー・チー氏は「ワクチンが入手できたからといって、全ての市民がすぐに接種を受けられるわけではない」と語り、引き続き感染予防策を続ける必要があるとの認識を示した。

国内の1日当たりの新規感染者は、一時は2,000人を超える日もあったが、足元では500人を下回る日が続いている。スー・チー氏は「感染者数は減少しており、この傾向が続いてほしい」と語った。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー国連大使、正統性訴え=米も支持(18:37)

外務省、2月末の大型人事は「定期異動」(18:37)

デモ参加者など1200人超拘束、クーデター後(20:57)

ウッドサイド、天然ガス開発事業を見直しへ(20:57)

観光アマタ、12日予定の上場を延期(20:57)

NLD代表委員会、閣僚代行4人を指名(20:57)

社会福祉省の副相など新たに任命(20:57)

新規感染49人、2月8日以降で最多=2日夜(20:57)

マンダレーなどで3人以上が死亡、軍側銃撃(18:13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン