• 印刷する

住友商事、建機販売・レンタル会社買収

住友商事は、東南アジアで建設機械の販売・レンタル事業を手掛けるエバーアジア(S)を完全子会社化した(住友商事提供)

住友商事は、東南アジアで建設機械の販売・レンタル事業を手掛けるエバーアジア(S)を完全子会社化した(住友商事提供)

住友商事は27日、東南アジアで建設機械の販売・レンタル事業を手掛けるシンガポールのエバーアジア(S)の株式を100%取得し、完全子会社化したと発表した。買収額は明らかにしていない。

エバーアジアは1999年設立。シンガポールやマレーシア、インドネシア、タイなど東南アジアと中国の16拠点を通じ、建設機械の販売代理業やレンタル事業を展開している。

高所作業車や圧縮機(コンプレッサー)、発電機を主力商品とし、市場の成熟度に応じてビジネスモデルを変える現地密着型の事業展開を進めている。2019年12月期の売上高は9,000万Sドル(約70億円)。従業員数は477人だった。

東南アジアではインフラ整備や都市化に伴う建設需要が拡大し、建設投資は今後5年で倍増する見通し。経済発展に伴う人件費の上昇や安全意識の高まりを受けて建設工事の機械化も進み、建設機械は現在主流の購入からレンタルに移行する動きが加速するとみられる。

住友商事はエバーアジアの買収を機に、建設機械のレンタル市場の成長が見込まれる東南アジアで事業拡大を狙う。インドネシアやタイなど建設需要が見込める地域を中心に、拠点を増やす意向だ。

住友商事は、日本を含む18カ国で建設機械の販売、サービス代理店、レンタル事業を展開し、売り上げ規模は年間4,000億円超となっている。建設機械のレンタル事業は日本、米国を中心に展開しているが、今後は東南アジアを加えた3地域の事業を強化する。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 金融建設・不動産サービス

その他記事

すべての文頭を開く

金融最大手DBS、CEOの報酬24%減(18:46)

UOB銀、ほぼ全従業員の昇給昇格実施へ(18:45)

テマセク、インパクト投資で南ア企業と提携(18:45)

隔離型宿泊会議施設、初の利用者が到着(18:45)

コロナ検査デジタル認証、ロンドン線で実施(18:45)

テレビゲーム販売、コロナ禍で堅調(18:45)

新規感染6人、全て海外渡航者(9日)(18:45)

テイクオフ:コロナ禍でマスクが生活…(03/09)

【ASEAN戦略】コロナ禍で店舗展開加速 外食トリドール、新業態優先(03/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン