• 印刷する

テイクオフ:海外と比較して早いうち…

海外と比較して早いうちに新型コロナウイルス感染症の域内感染を抑え込んだ台湾。ただ最近は一部のイベントが中止になったり、隔離対象者の増加が報道されたりして、対岸の火事とは言い切れなくなりつつあると感じる。

桃園市では院内感染に伴い、台湾衛生福利部(衛生省)の中央流行疫情指揮中心が桃園医院の退院者など約5,000人を在宅隔離の対象とした。隔離措置としては過去最大規模だ。先日は、感染者の濃厚接触者として隔離対象となった際に、保険金を受け取れるコロナ保険商品の人気ぶりも報道された。

もし台北で大規模隔離が発生して2週間部屋から出られなくなったらと考えたらゾクっとした。今の自分にできることは今まで通りのコロナ予防。加えて隔離された時とか、最悪のケースをシミュレーションして備えておいても損はないのかもしれない。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本人留学生が10年で3倍超 仲介業が発達、企業は卒業生狙う(03/05)

TSMC、ウエハー1枚売上高が業界最高(03/05)

鴻海の2月売上高が8割増、同月過去最高(03/05)

エイサー、PC供給が7割不足(03/05)

遠伝と亜太、基地局2千局を増設へ(03/05)

半導体設備投資、今年台湾首位か=SEMI(03/05)

NCCが5G網拡充に補助、2年で155億元(03/05)

パネル不足、群創「年内は生産追いつかず」(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン