比中連合の受注撤回も カビテ州、サングレー空港拡張で

フィリピンのマニラ首都圏近郊にあるサングレー空港の拡張計画で、事業を取りまとめるカビテ州政府がフィリピンと中国企業のコンソーシアム(企業連合)の受注を撤回する可能性が出てきた。書類提出の遅れや当局が求める条件を満たせず、財務能力も問題視しているためだ。新型コロ…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスが流…(03/01)

3月末まで外出制限延長 首都圏など、感染再拡大にリスク(03/01)

初のワクチン到着、中国製で60万回分(03/01)

コロナ感染新たに2113人、計57万6352人(03/01)

国内旅行、PCR陰性証明など不要に(03/01)

MYEG、コロナ唾液検査キットを発売(03/01)

ビザ保有者の再入国、許可証再発行も(03/01)

全日空、マニラ―成田線の就航10周年(03/01)

財務省、輸入ワクチンに免税措置を適用(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン