リゾートのガパリ、一部ホテル再開も閑古鳥

ミャンマー西部ラカイン州のビーチリゾートのガパリで、宿泊施設が集客に苦戦する状況が続いている。5軒が1月上旬に営業を再開したものの、宿泊客が数十人しかいない状況という。ミャンマー・タイムズ(電子版)が伝えた。 現地のホテル・観光局の幹部が明らかにしたもので、新…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品運輸観光


その他記事

すべての文頭を開く

マンダレー、銃弾受け男性1人死亡(01:15)

NLD代表委、公務員にCDM参加呼びかけ(03/05)

米商務省、ミャンマーへの輸出規制強化(03/05)

外国商議所、軍政代表らとの面会を拒否(03/05)

新規感染16人、検査は1600件どまり=4日夜(03/05)

シンガ外務省、ミャンマーへの渡航中止勧告(03/05)

シンガ金融庁、ミャンマー関連で注意喚起(03/05)

国軍がドル資産にアクセス、米連銀が阻止(03/05)

米商務省、ミャンマーへの輸出規制強化(03/05)

国軍包囲網築けず、対立激化 死者50人超、都市部は小売店閉鎖(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン