• 印刷する

テイクオフ:今月初めにツイッターで…

今月初めにツイッターで「コロナ禍をバリ島で優雅に過ごそう」と呼び掛けた米国人が国外退去となった。「同性愛者も歓迎!」と呼び掛けて「地元住民を不安にさせる情報を拡散した」のが処分の理由という。最近ではロシア人も、昨年末にバリ島で主催したパーティーの様子を会員制交流サイト(SNS)に投稿し、「衛生規律に違反した」として退去処分となった。

両者に共通しているのは、ITを活用して仕事をしながら旅をする、いわゆる「デジタルノマド」だったということ。観光ビザで入国し、企業に属することなくパソコンからSNSを通じて「稼いでいる」ことも追放の一因だったと言われている。

それにしてもパソコン1台で優雅にバリ島で生活できる自由人とは、宮仕えから見ればうらやましい。ただ自由が度を超すともめ事を生む。何事もほどほどに。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夕方、スーパーマーケッ…(03/02)

2割が高度デジタル技能習得 6カ国最多、さらなる先端技術へ(03/02)

国内感染の発表から1年 新型コロナ下の動向を振り返る(03/02)

2月消費者物価指数、前年同月比で鈍化続く(03/02)

酒造産業への規制緩和、投資を拡大=専門家(03/02)

奢侈税減免対象は21車種、2社の新モデルも(03/02)

地元インフルエンサーと衣料品をEC販売(03/02)

トラベルバブル、日本を含む複数国に適用も(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン