• 印刷する

不正入国で510人逮捕、中国人が65%

フィリピン入国管理局は24日、2020年に不正入国で逮捕した外国人が510人に上り、このうち65%に相当する332人は中国人だったと発表した。違法オンラインゲームやサイバー犯罪に関わっていた。

中国のほか、インドが44人、韓国が14人、ベトナムが2人などと続いた。それぞれ不法滞在や入国書類の不正、不法就労などで逮捕した。

モレンテ長官によると、19年に不正入国で逮捕した外国人は2,000人だっため、20年は74.5%減少したことになる。新型コロナウイルスの感染拡大や外出・移動制限による入国者数の減少が影響した。


関連国・地域: 中国韓国ベトナムフィリピンインド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスが流…(03/01)

3月末まで外出制限延長 首都圏など、感染再拡大にリスク(03/01)

初のワクチン到着、中国製で60万回分(03/01)

コロナ感染新たに2113人、計57万6352人(03/01)

国内旅行、PCR陰性証明など不要に(03/01)

MYEG、コロナ唾液検査キットを発売(03/01)

ビザ保有者の再入国、許可証再発行も(03/01)

全日空、マニラ―成田線の就航10周年(03/01)

財務省、輸入ワクチンに免税措置を適用(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン