政府が製造業の操業停止検討 来月4日まで感染減少しなければ

マレーシア政府が、2月5日以降に製造業の完全な操業停止を命じることを検討していることが、23日分かった。保健省が、国内で新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないのは、製造業や建設業に関連するクラスター(感染者集団)に起因するとみているためだ。同省は、2月4日まで…

関連国・地域: マレーシア欧州
関連業種: 医療・医薬品その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

60代のワクチン接種前倒し、重要職従事者も(18:34)

〔雨季乾季〕マハティール氏がワクチン接種(20:35)

テイクオフ:在宅勤務による運動不足…(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

ドンキ1号店、19日開業 首都の商業施設「ロット10」で(03/08)

RM1=26.6円、$1=4.07RM(5日)(03/08)

エアアジア、ドローン配送で政府機関と提携(03/08)

首都空港、民間の新型コロナ検査導入へ(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン