• 印刷する

ホーチミン市の労働者、7割がテト帰省せず

ベトナムホーチミン市輸出加工区・工業団地労働組合のフイン・バン・トゥアン委員長が21日、市内工業団地などで働く労働者の7割に当たる19万3,000人余りが、今年のテト(旧正月)は帰省しないとの見通しを示した。これまでも半分程度は帰省しなかったが、今年は大幅に増えそうだ。21日付VNエクスプレスが報じた。

トゥアン委員長は理由として、コロナ禍の影響で一時帰休(レイオフ)になって年度途中に長期間を故郷で過ごした労働者が多いことを挙げた。このほか、昨年後半に中部地域が自然災害に見舞われたことや、テト期もホーチミン市に残って収入を得ようとする労働者が多いことも理由とみられる。

ホーチミン市輸出加工区・工業団地管理委員会(HEPZA)によると、工業団地などに入居する企業1,560社の労働者数は、コロナ禍の影響で1万4,921人減って27万6,698人になったという。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

シンガポール決済会社、軍系通信と取引停止(19:21)

不法入国の中国人40人を逮捕、ホーチミン(18:41)

定期航空便、再開めど立たず 新型コロナ下の日越往来(上)(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

新型コロナワクチン、8日から接種開始(03/08)

FII、中国河南省周口に新工場設置へ(03/08)

週末の市中感染は計13人、ハイズオン省で(03/08)

ラックフエン港、第5、第6埠頭の建設承認(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン