クダ州で祭典の休日取り消し、インド系反発

マレーシアのクダ州政府は21日、28日に予定されていたヒンズー教の祭典、タイプーサムの休日を取り消すと発表した。新型コロナウイルス感染症の流行で祝典が中止となったため、休日も不要と判断したと説明している。一方、インド系コミュニティーは反発している。現地各紙が伝えた…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「英米のワクチンなんか…(03/02)

コロナ収束後に議会解散へ 就任1年で首相表明、来年以降か(03/02)

双日、医療大手クオリタスに出資(03/02)

新規感染1828人、4日ぶり千人台(03/02)

RM1=26.3円、$1=4.06RM(1日)(03/02)

外国人労働者の検査期限、3月末まで延長へ(03/02)

トラベルバブル、日本を含む複数国に適用も(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン