• 印刷する

仁宝が初の育児製品発表、IoT活用

台湾EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス)は20日、モノのインターネット(IoT)と人工知能(AI)を活用した乳幼児見守りモニターを発表した。同社がハイテク技術を利用した育児関連製品を投入するのは初めて。経済日報などが伝えた。

製品名は「pixsee AI智慧宝宝撮影機」。pixseeは乳幼児の泣き声の感知と翻訳、自動での写真・動画撮影、音楽を流してあやすことを主な機能とする。泣き声の翻訳は、これまで収集した200万件の泣き声データを基にAIが行う。

桃園市平鎮区の工場で生産する。今年の生産量は約3万5,000台となる見通し。

まずは台湾市場に投入する。販売に当たっては、医療器材や婦人・乳幼児用品の販売を手掛ける杏豊実業と協力する。その後は中国語圏と英語圏の市場を中心に販売する考え。

■受注見通しが6月まで良好

仁宝は本業の受注見通しが今年6月まで良好だと明らかにした。電子業界は第1四半期(1~3月)が例年の閑散期だが、今年の同期の業績は繁忙期の水準となる可能性もあるとした。

仁宝は今年、ノートパソコンの出荷台数が前年比1割近く増え、それ以外の製品は2桁増加すると見通した。同社の昨年の製品出荷台数は計1億台を突破し、過去最多となった。このうちノートパソコンは4,800万台だった。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 電機IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ギョク太、テスラのサプライヤー入り認める(14:53)

新型コロナ感染者、955人に(16:46)

輸出額、5カ月連続でプラス 7%増、1月として過去最高記録(03/01)

小売業の売上高が過去最高 1月の商業3業種、卸売も高水準(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

AI広告のエイピア、3月末にマザーズ上場(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン