バックライト2社、域内外で生産能力を増強

瑞儀光電(ラジアント・オプトエレクトロニクス)と中強光電(コアトロニック、中光電)のバックライトモジュール(BLM)を手掛ける台湾企業2社が、生産能力の増強を進めている。新型コロナウイルス感染症を機にしたハイテク業界の旺盛な需要に対応する。工商時報が伝えた。 …

関連国・地域: 中国台湾ベトナム米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ギョク太、テスラのサプライヤー入り認める(14:53)

新型コロナ感染者、955人に(16:46)

輸出額、5カ月連続でプラス 7%増、1月として過去最高記録(03/01)

小売業の売上高が過去最高 1月の商業3業種、卸売も高水準(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

AI広告のエイピア、3月末にマザーズ上場(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン