企業の4割、21年は採用増=人材会社調査

シンガポールでは今年、採用活動が活発になりそうだ。英系人材コンサルティング会社マイケル・ペイジ・シンガポールによると、同国での企業の採用活動は2020年、新型コロナウイルスの影響で35%減少していたが、21年は全体の4割の企業が人員を増やす計画だ。経済の回復に伴う投資…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

1月銀行貸出残高1%減、下げ幅縮小(18:24)

オラムの食品成分部門、海外上場も検討(18:24)

オフピーク車の登録、10年前から8割近く減(18:24)

コロナ接触者追跡アプリ、普及率9割近くに(18:24)

テイクオフ:コロナ禍で巣ごもり消費…(03/01)

1月製造業は3カ月連続プラス 半導体需要増、通年2桁上昇も(03/01)

輸出額、5カ月連続でプラス 7%増、1月として過去最高記録(03/01)

サービス業売上高、10~12月期もマイナス圏(03/01)

制限緩和の第3期は当面継続、上級国務相(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン