• 印刷する

【韓流新時代】越の韓国語教育、需要拡大か アイドル活用、韓国企業も人気増

「韓流」の人気は、ベトナムの韓国語教育にも一役買っている。韓国の教育関連企業や大学などが提携し、人気K―POPグループの防弾少年団(BTS)を活用した教材を提供し、世界各国で韓国語教育事業を推進する。ベトナムでは海外直接投資(FDI)の拡大などで韓国企業の存在感が高まり、タンロン大学では韓国語学科の生徒や韓国企業への就職を希望する生徒が増えている。ベトナムでの韓国語教育の需要は、今後一層拡大するとみられる。【大坪若葉】

タンロン大学は、人気K―POPグループBTSを活用した授業を実施する。写真は実際に使用される教材「ラーン・コリアン・ウィズ・BTS」

タンロン大学は、人気K―POPグループBTSを活用した授業を実施する。写真は実際に使用される教材「ラーン・コリアン・ウィズ・BTS」

ハノイ市にあるタンロン大学は2020年9月からBTS関連のコンテンツで韓国語を学習する教材「ラーン・コリアン・ウィズ・BTS」を活用した講座を開設した。日常会話に重点を置いた内容で、単語を押すと発音が聞けるスマートペンを用いる。講座では基本的な会話のやり取りのほか、BTSのメンバーが実際に話した単語や文章をテキストや映像から学ぶ。言葉だけでなく韓国の文化も学べる内容となっている。「初級~中級向けの内容となっており、楽しく継続することを主な目的としている」と同大学の韓国語学科で講師を務めるチャン・ティ・ラン・アン氏は話す。

BTSが所属する芸能プロダクション、ビッグ・ヒット・エンターテインメントの教育関連企業ビッグ・ヒット・エデュは20年、韓国外国語大学や韓国国際交流財団(KF)と業務提携し、海外で韓国語教育の向上や活性化を図っている。タンロン大学以外にもハノイ国家大学外国語大学、米国、フランス、エジプトの大学でもBTSの教材を使用した講座が開設されている。「ベトナムではドラマなどの影響で韓流のメイクやアイドルが若者を中心に人気となっている。BTSの教材は、韓国語を学ぶ取っ掛かりとしては有効だ」(アン氏)。

ビッグ・ヒット・エデュ以外の企業もベトナムの韓国語教育の向上を後押しする。聯合ニュースによると、サムスン電子ベトナムは昨年、ベトナム人学生の韓国語能力の向上のため、今後5年間で計70万米ドル(約7,250万円)以上を支援すると発表。大学の韓国語学科の学生に対し奨学金を支給するほか、語学実習室にあるプロジェクターや音響設備など教育インフラの改善に投資する計画を明らかにしている。

■韓国企業がベトナムで存在感

タンロン大学が韓国語学科を開設したのは16年。当初は同学部に50人ほどしか生徒がいなかったが、18年には約120人が、19年と20年はそれぞれ約200人が同学科に入学した。同大学で徐々に韓国語学習者が増え、アン氏によると他大学の韓国語学部は、タンロン大学より多くの学生を受け入れているという。韓国語学習者の増加の背景にはK―POP人気のほかに、韓国企業の存在感が高まっていることがあるとみられる。

ベトナムではドラマなどの影響で韓流が人気となっている。ショッピングモールなどには韓流アイドルショップが出店する=ホーチミン市

ベトナムではドラマなどの影響で韓流が人気となっている。ショッピングモールなどには韓流アイドルショップが出店する=ホーチミン市

ベトナムの20年通年のFDIで、韓国は39億4,910万米ドルで、シンガポール(89億4,910万米ドル)に次いで2位だった。19年は79億1,700万米ドルで首位となり、同年のFDIの20.8%を占めた。サムスングループやLGグループ、銀行などがベトナムに進出、同国での事業を拡大しており、「韓国企業への就職を希望する学生も増えている印象だ」とアン氏は指摘する。サムスンとLGは大学を通してインターンシップを募集することもあり、韓国企業を知る機会が増えたという。

アン教授は今後も、韓国語講座の受講生が増加するとの見通しを示すが、同大学では韓国語を教えられる人材が限られており、受け入れられるのは1学年200人で、これ以上受け入れるのは難しいのが現状だ。

一方、同大学では日本語学科もあり、韓国語学科より生徒が多い。「福利厚生がしっかりしている」などの理由で日系企業は就職先として依然一番人気だということだが、日本語は難易度が高く、モチベーション維持のネックになり得るという。ホーチミン市で日本語を学ぶ学生は、「日本語は平仮名、片仮名、漢字があり、取りかかるハードルの高さは韓国語よりは高いように感じる」と話す。

■韓流教材、今後も活用へ

タンロン大学の講師であるアン氏は、韓国企業の存在感の高まりなどから韓国語講座の受講生が今後増加するとの見通しを示す=ハノイ市

タンロン大学の講師であるアン氏は、韓国企業の存在感の高まりなどから韓国語講座の受講生が今後増加するとの見通しを示す=ハノイ市

タンロン大学では毎年、春ごろに韓国フェスティバルを開催し、韓国企業などからの支援を受けさまざまなイベントを実施している。BTSの教材は今後3年間は使用し、学生からの反応が良ければ、継続して活用する計画だ。アン氏は「BTSは若者に人気なので、講座自体は好評だ」と指摘。韓流人気は、ファッションやエンタメ業界にとどまらず、教育現場にも影響を与えている。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: メディア・娯楽雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

越系モール、民主派ボイコットで店舗休業(11/27)

1~9月国境貿易32%増、輸出入とも2桁増(11/26)

2050年の炭素中立実現に協力 日越首脳が共同声明、関係深化(11/26)

ホーチミン市水改善、追加円借款で交換公文(11/26)

日越外相、海洋協力で一致(11/26)

菅氏がチン首相と会談、関係発展に一層尽力(11/26)

市中感染1.2万人増、4波累計116.3万人(11/26)

ロシアと合弁、南部油田2カ所で原油初抽出(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン