• 印刷する

20年の自動車輸出、30%減の74万台

タイ工業連盟(FTI)が20日発表した2020年の自動車輸出台数は、前年比30%減の73万5,842台だった。新型コロナウイルス感染症の流行を受け、2年連続での前年割れとなった。二大輸出先であるアジアとオセアニア向けがそれぞれ約3割減少した。

仕向け地別では、アジア向けが27%減の23万3,412台、オセアニア向けが29%減の21万4,355台、中東向けが16%減の11万1,424台などとなった。新型コロナの流行が続いている欧州や北米向けはそれぞれ48%減の6万622台、34%減の5万4,742台と落ち込んだ。

車両と部品の輸出総額は、25%減の5,919億バーツ(約2兆480億円)だった。

20年12月の輸出台数は前年同月比5%減の6万8,481台で、18カ月連続マイナス。輸出総額は3%増の580億バーツだった。仕向け地別では最大の輸出先であるアジアが34%増、2位のオセアニアも1%増だった。北米、欧州、中南米、アフリカ向けが28~62%減と低迷した。

一方、20年の二輪車の輸出台数は前年比23%減の72万7,152台で、3年ぶりにマイナスとなった。内訳は、完成車(CBU)が12%減の31万9,038台、部品を輸入して現地で組み立てる完全ノックダウン(CKD)が30%減の40万8,114台。部品を含む輸出額は、19%増の882億バーツだった。

20年12月の二輪車の輸出台数は、前年同月比19%減の7万8,429台で、12カ月連続でマイナスとなった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

鶏卵輸出に補助金1.8億円、価格回復に期待(18:48)

テイクオフ:2020年ミス・ユニバ…(03/08)

航空3社、20年は5400億円赤字 コロナ禍で相次ぎ破綻、苦境続く(03/08)

1カ月ぶりに確認、2人が新型コロナ感染(03/08)

今月末のモーターショー、成約目標710億円(03/08)

タイ日産の社長交代、4月に関口氏就任へ(03/08)

発電EGCO、5年間に5340億円の投資計画(03/08)

エネ規制委、原油高も燃料調整金を据え置き(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン