• 印刷する

《安全》タイから帰国の労働者感染、77人に

カンボジア保健省は20日、タイから帰国した労働者7人が新型コロナウイルスに感染していたことを確認したと発表した。2020年末からこれまでにタイから帰国した労働者で陽性だったのは、計77人となった。クメール・タイムズ(電子版)が15日に伝えた。

新たに感染が確認されたのは、北西部バンテイメンチェイ州と南部タケオ州出身の23~38歳の男女。このうち2人は今月6日に、5人は17日に帰国した。6日に帰国した2人は、隔離13日目に実施された検査で陽性と確認された。現在は、全員がバンテイメンチェン州の病院で治療を受けている。

新規感染者7人を含む累計感染者数は448人。国籍別内訳は、カンボジア人が322人、フランス人が45人、中国人が18人、マレーシア人が13人などとなっている。

また、中国から提供を受ける新型コロナワクチン100万回分(接種は1人2回)のうち、30万回分が2月上旬にカンボジアに到着する見通しだ。

ワクチンは中国医薬集団(シノファーム)が生産。フン・セン首相は先に、ワクチンの投与が始まる際には、自身が最初に接種を受ける意向を明らかにしている。


関連国・地域: 中国タイカンボジア
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

クラスター拡大、感染者316人に(03/02)

韓国DGB銀が投資協力で合意、政府と覚書(03/02)

タイ国境貿易、今年は6%増に回復見通し(03/02)

ドンタップ省が入管強化、不法入国者感染で(03/02)

首都のクラスター感染、約100人増(03/01)

対インド貿易額、昨年は26%減の1.9億ドル(03/01)

中国人編集長、虚偽報道で国外退去処分に(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン