• 印刷する

トヨタ、自動車の定額利用サービスを開始

トヨタ自動車の金融統括会社、トヨタファイナンシャルサービス(名古屋市)傘下のトヨタ・キャピタル・マレーシアは18日、毎月一定の料金を支払う事で自動車を利用できる、サブスクリプションサービス「キントワン」を開始したと発表した。東南アジアでは、シンガポール、タイ、インドネシア、フィリピンに続き、5カ国目となる。マレーシアでは、世界で初めてイスラム金融方式の支払いに対応する。

キントワンは、トヨタの小型セダン「ヴィオス」、小型ハッチバック「ヤリス」、セダン「カローラ」といった12車種から車両を選べ、契約期間は2年か3年となる。

料金は車種や期間に応じて設定されており、「ヤリス」の場合、個人による3年契約で初回月が3,691リンギ(約9万4,800円)で、残る35カ月間は毎月1,678リンギとなっている。料金には保険や道路税(日本の自動車税に相当)、車両のメンテナンス費用などが含まれる。年間の走行距離は3万キロメートルまでで、それを超えると1キロごとに追加料金となる。

トヨタ・キャピタル・マレーシアの担当者によると、個人と法人の両方がターゲットとなる。個人については、常に最新モデルに乗りたい人や、2~3年など滞在期間が限定されている駐在員などのニーズに応える。

同担当者は「自動車のサブスクリプションサービスはマレーシアでは新しいサービスなため、時間をかけて普及させたい」と語った。


関連国・地域: タイマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車金融サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアに来てから自…(03/01)

輸出額、5カ月連続でプラス 7%増、1月として過去最高記録(03/01)

新規感染2437人、累計30万人超え(03/01)

RM1=26.2円、$1=4.05RM(2月26日)(03/01)

MYEG、コロナ唾液検査キットを発売(03/01)

自動車UMW、通期決算は55%減益(03/01)

ダイハツ車販売MBM、通期で減収減益(03/01)

ホンダが新キャンペーン、販売100万台へ(03/01)

香港の実業家、エアアジアの大株主に(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン