• 印刷する

海事産業庁、システム刷新へ行程表作成

フィリピン運輸省傘下の海事産業庁(MARINA)は18日、システムや設備機器の刷新に向けた今後4年のITロードマップ(行程表)の作成を開始したと発表した。既存の情報システムを統合し、業務プロセスを自動化する狙い。

ロードマップは2021~24年が対象で、海事産業庁が策定した19~28年の海事産業開発計画(MIDP)の実施を補足する目的もある。同庁によると、現在使用されている300台以上のデスクトップパソコンは6年以上前に購入されているなど、オフィス機器の刷新が必要と判断した。

デジタルへの移行、システム開発といった分野については今年、◇技能証明書や船員記録簿などを除く全取引でフィリピン土地銀行(ランドバンク)の電子決済「リンクビズ」を活用する◇オンラインで海運関係の申請や提出ができる「統合国内海運情報システム(IDSIS)」第1弾の実施◇新型コロナウイルスを考慮したオンラインでの健康管理システムの導入――など6本を実行する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2651人、計57万1327人(02/26)

20年のFDI認可額71%減 過去最大の下落、コロナ打撃(02/26)

テイクオフ:長引くコロナ禍に、最後…(02/26)

コロナ感染新たに2269人、計56万8680人(02/26)

経済活動拡大を検討、現行の外出制限下で(02/26)

完成車の輸入制限、適用除外国を削減(02/26)

ワクチン接種意向、成人の2割=比大調べ(02/26)

1月の国際収支、7.5億ドルの赤字(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン