20年10~12月の失業率6.6%、16年ぶり高水準

香港政府統計処は19日、2020年10~12月の失業率(暫定値、季節調整済み)が6.6%だったと発表した。前期から0.3ポイント悪化し、重症急性呼吸器症候群(SARS)流行後に雇用環境が悪化した2004年10~12月以来16年ぶりの高水準となった。雇用維持を目的とした政府の賃金補助…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ下で人と会う機会…(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

ハンセン指数、100銘柄に倍増 改革始動、来年半ばにまず80に(03/03)

20年の投資認可額、22%減の1640億リンギ(03/03)

新たに13人がコロナに感染、累計1万1032人(03/03)

政府、飲食店に食後処理専門員配置義務付け(03/03)

持ち家比率20年ぶり低さ、若者世代で顕著(03/03)

反落、金融市場のバブル懸念表明で=香港株式(03/03)

特別買収目的会社の上場制度、金融委が整備指示(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン