• 印刷する

鹿島傘下アイコン、メルボで新オフィス開発

鹿島建設のオーストラリア子会社で中堅建設会社のアイコン・ディベロップメンツが、メルボルン郊外のクレモーンでオフィスタワーの開発を行うことが分かった。開発費は8,000万豪ドル(約63億円)に上る見通し。さらに融資事業としては、鹿島傘下のミニコンが建設中のコリンウッドのオフィスプロジェクトへの融資が決まり、オーストラリア市場でのポートフォリオ拡大に一気に乗り出した形だ。【NNA豪州編集部】

鹿島のオーストラリア法人の担当者はNNAの取材に対し「コロナ禍であっても、良い事業機会、投資機会があれば引き続き前向きに検討していく」とし、「現在は都心部よりは都市近郊に注目しており、そういった地域で良質な開発に取り組んでいきたい」と述べた。

クレモーンのプロジェクトは、アイコンと敷地の所有企業であるザガム・グループとのジョイントベンチャー(JV)によって実施される。完成後は、アイコン、鹿島、ザガムが各社の本社として入居する見込みだ。

一方アイコンが融資を行うコリンウッドのプロジェクトは、地場不動産企業ペレグリン・プロジェクトが開発中で、2022年1~3月に完成する見通し。メルボルンでコワーキングスペースを提供するクリエイティブ・キューブがアンカーテナントとして入居する予定だ。

アイコンによると、今回の新たなプロジェクトは2件とも都心部周辺の郊外に位置しており、企業がオフィスを地方に分散させる傾向が続く中、中長期的に堅調な市場だという。

アイコンのバーク最高経営責任者(CEO)はオーストラリアン・ファイナンシャル・レビューの取材に対し、「同2件のプロジェクトは、開発企業だけでなく資金パートナーとしてサービスを提供できるという、アイコンの特別な能力を示すものだ」と説明した。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 金融建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務が新常態になっ…(03/05)

豪貿易黒字、過去最高に 相場高で資源輸出がけん引(03/05)

豪州、10年計画で重要資源の加工処理拡充へ(03/05)

豪GDP、コロナ前水準に回復まであと2%(03/05)

ネット小売りキャッチ増収、コーガンを猛追(03/05)

豪1月小売0.5%増、QLDは封鎖で支出減(03/05)

個人消費が急成長、小売業者への追い風続く(03/05)

太陽光発電の直接取引、デリーで試験事業(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン