桃園空港の貨物取扱量、20年は過去最高に

台湾桃園国際空港の運営会社によると、同空港の2020年の貨物取扱量は前年比7.4%増の234万2,715トンとなり、過去最高を記録した。新型コロナウイルス感染症を受け、防疫物資や巣ごもり消費向け製品の空運が増えた。中国時報などが伝えた。 このうち主力のトランジット貨物は19%増…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ロンドンのちょっと小ぎ…(03/03)

民間投資が初の4兆元超えへ ハイテク・資金還流が押し上げ(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

外資投資銀、高成長の予測相次ぐ(03/03)

ファウンドリー、異例の2度値上げ(03/03)

LTCCのケイ徳、4月から最大4割値上げ(03/03)

欣銓、21年資本的支出は前年並み高水準(03/03)

2月の二輪車販売、10カ月ぶりマイナス(03/03)

富士康、中国の自動運転OS開発会社に出資(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン