• 印刷する

テイクオフ:インドネシア有数の観光…

インドネシア有数の観光地、バリ島。その名所の一つであるウルワトゥ寺院に生息するサルたちは手癖の悪さで有名だ。訪れる観光客のサングラスやバッグ、さらには携帯電話までをさっと奪い取り、見返りに食べ物を要求するという。

このサルたちだが、何を盗めばより多くの食べ物を得られるのか自分なりに学習していたことが、英王立協会の論文で明らかになった。例えば帽子よりも、携帯電話などの高価な電子機器を盗んだ方が、より多くの食べ物をもらえると理解しているのだという。サルたちはどこで何を見て、こんなことを学んだのか。その辺はあまり触れずにそっとしておこう。

1月に入ってからジャワ島とバリ島で新型コロナ対策の行動制限が再び強化され、国内旅行の条件がまた厳しくなった。バリのサルたちは手ぐすね引いて、次の獲物を待っていることだろう。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ECの価格設定に関する規制導入へ=貿易相(03/05)

FB、インドネシアでも政治広告を縮小へ(03/05)

短工期を支える日本の技術 西ジャワ新港、地盤改良と連絡橋(03/05)

配当への所得税を免除、国内再投資を促す(03/05)

IT大手2社の合併、条件付き売買合意か(03/05)

交通インフラ開発の加速、投資公社に期待(03/05)

産業用原料の水産品と塩、輸入規制を強化(03/05)

UTのコマツ製重機販売、1月は14%減少(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン