• 印刷する

日本からの出張者受入停止、就労ビザ申請可

シンガポール外務省は15日、日本からの短期出張者を受け入れる枠組み「ビジネストラック」の運用を一時停止すると発表した。日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置となる。長期滞在者の入国を可能にする枠組み「レジデンストラック」も停止したが、就労ビザの申請受け付けは止めていない。

ビジネストラックは、出張目的の短期滞在者を対象に、行動範囲を限定して事業活動への従事を認める枠組みで、両国間では2020年9月18日から実施されていた。シンガポール側では「相互グリーンレーン(RGL)」と呼んでいる。

シンガポール外務省は、日本政府が13日に同枠組みを停止すると発表したことを受け、同様の措置を講じる方針を明らかにした。既に承認済みの渡航者については入国を認めるが、新たな渡航申請は受け付けない。

レジデンストラックの運用も日本が停止したため、シンガポール側も同様の措置をとる。同枠組みは20年9月30日から導入されていた。

一方、就労ビザ保有者のシンガポールへの入国は認める。就労ビザや家族ビザといった長期滞在者向けビザの新規・更新の申請受け付けは停止していない。

NNAが人材開発省のウェブサイトで確認したところ、就労ビザは申請できることが分かった。日系人材サービス会社の幹部も「現時点で長期滞在者向けのビザを申請することに問題はない」と述べた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍で巣ごもり消費…(03/01)

1月製造業は3カ月連続プラス 半導体需要増、通年2桁上昇も(03/01)

輸出額、5カ月連続でプラス 7%増、1月として過去最高記録(03/01)

サービス業売上高、10~12月期もマイナス圏(03/01)

制限緩和の第3期は当面継続、上級国務相(03/01)

人材省が職場調査を強化、労災事故多発で(03/01)

GIC、インドネシアのジャゴ銀に出資へ(03/01)

リアルテック、言語解析AI企業に出資(03/01)

フードテックの新興企業、1千万米ドル調達(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン