• 印刷する

Eマートの売上最高に、巣ごもり需要増で

韓国大型スーパーマーケット大手のEマートの2020年売上高(単独)は15兆5,354億ウォン(約1兆4,695億円)と、前年比5.9%増加した。新型コロナウイルス感染症による巣ごもり消費の拡大で食料品や生活必需品の需要が増え、年間売上高は初めて15兆ウォンを突破した。

事業部門別の売り上げ増加率をみると、倉庫型店舗は23.9%増と大きく増えたほか、専門店は15.0%増、大型スーパーは1.7%増と軒並み伸びた。

Eマートは昨年、コロナ禍でも店舗の閉店は行わず、大型スーパー全国9店舗の全面リニューアルを通じた戦略が奏功した。昨年リニューアルした月渓店(ソウル市芦原区)は、その後の売り上げが毎月2桁以上増えたほか、12月にリニューアルオープンした5店舗の売り上げも9.8%増となった。

Eマートのほか、新世界グループの電子商取引(EC)サイト「SSGドットコム」やコンビニエンスストア「Eマート24」なども善戦が見込まれており、連結決算も過去最高を記録する可能性が高い。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者、2日ぶり300人台に低下(10:30)

テイクオフ:いじめる人は楽しくても…(02/25)

【韓国モビリティー】電池利用の最適化が普及の鍵 ZEVへのシフト元年(下)(02/25)

2月の企業景況感76、製造業が悪化(02/25)

コロナ感染者、3日ぶり400人台に(02/25)

ホーチミン鉄道5号線2期、韓国系が支援(02/25)

現代自、「コナ」など8万台リコール(02/25)

半導体の不足深刻、現代・起亜も生産調整か(02/25)

サムスンSDI、欧州のバッテリー工場増設(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン