• 印刷する

鴻海が中国吉利と提携、EV受託製造へ

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業は13日、中国自動車大手の浙江吉利控股集団と中国に合弁会社を設立すると発表した。電気自動車(EV)の完成車、部品、スマート制御システムに関するワンストップの受託製造サービスを提供する。

鴻海傘下の富士康科技集団は、浙江吉利控股集団と合弁会社を設立する契約を交わした。EVの受託製造サービスを展開する=13日(鴻海提供)

鴻海傘下の富士康科技集団は、浙江吉利控股集団と合弁会社を設立する契約を交わした。EVの受託製造サービスを展開する=13日(鴻海提供)

鴻海の中国子会社、富士康科技集団(フォックスコン)が吉利と折半出資して合弁会社を設ける。董事長は富士康から選出する。

鴻海の広報によると、製品は当面、中国の工場で製造する。将来的には状況を見て製造する場所を決めるという。合弁会社の資本金と投資額は明らかにしなかった。

鴻海の劉揚偉董事長は「双方の強みを持ち寄って、最新のハイテク技術、素早い納品、優れたコスト競争力を兼ねそろえたEV製造のサービスプラットフォームを打ち出し、さまざまな顧客の需要に対応する」とのコメントを出した。吉利の李東輝・最高経営責任者(CEO)は「2社の提携は、世界自動車産業で現在進む大きな変革期に対応するものだ」と表明した。

鴻海は4日、EVブランド「拜騰(BYTON)」を展開する中国の新エネルギー車(NEV)ベンチャー、南京知行新能源汽車技術開発(バイトン)とEVの量産で提携すると発表したばかり。中国企業とのEV分野での協業が加速している。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:長く新型コロナウイルス…(05/18)

コロナ警戒で在宅勤務が拡大 大手企業や政府機関は感染者確認(05/18)

新型コロナ域内感染333人、4日連続で最多(05/18)

二輪ヒーロー、来年に電動二輪車の発売計画(05/18)

台北と新北、28日まで小中高などの授業停止(05/18)

台湾からの入境規制さらに強化、隔離延長(05/18)

居留証持たない外国人の入境禁止、19日から(05/18)

日本人学校建設現場、関係者2人がコロナ感染(05/18)

財政部が救済措置、休業業者に減税など(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン