• 印刷する

テイクオフ:「夕食はマグロとアボカ…

「夕食はマグロとアボカドのスシにしたよ」――スマホ画面の中から、インド人の友人が言った。宅配専門のすし店が200ルピーで届けてくれるという。日本通の友人。もう1年も日本に行けていないことが悲しい、と漏らす。

台湾では「旅行に行けない代わりに日本の食品を味わおう」という消費者が増え、日本食品の台湾向け輸出が増えているらしい。タイの日本食レストランの数も昨年1年で13%増えたというから、コロナ禍でも日本食の普及は着々と進んでいる、と言って良さそうだ。

昨年はインドでも、「カレーハウスCoCo壱番屋」の1号店が開業して注目を浴びた。すしの宅配・テークアウトチェーン「スシ・アンド・モア」は12月の売上高が過去最高に達し、大みそかには巻きずしが300本以上売れたとか。日本食を食卓の定番、外食の定番とするインド人はきっと、増え続けるに違いない。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「インドは透析患者も旅…(03/04)

ニプロ、潜在性見据え増産へ 人工腎臓の月産能力を2倍に拡大(03/04)

インド経済セミナー開催、みずほ銀(03/04)

大同、唐栄から電動バス動力システム受注(03/04)

ハリヤナの州民雇用法、州知事が承認(03/04)

印の製造業振興策は貿易の障壁=米政権(03/04)

テスラ生産誘致、「中国より安価」アピール(03/04)

トヨタ、南部工場のスト収束を宣言(03/04)

マルチスズキ、サービス拠点が4000カ所突破(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン