• 印刷する

桃園拠点のハイテク各社、感染対策を強化

新型コロナウイルス感染症の病院内感染が桃園市で発生したとされることを受け、同市に拠点を置くハイテク各社が感染対策を強化している。桃園市政府による防疫措置の厳格化に呼応した動き。13日付経済日報が伝えた。

ノートパソコンを中心に手掛ける台湾EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の広達電脳(クアンタ・コンピューター)は桃園市亀山区に本部を置く。同社は先月に従業員の感染が確認されて以降実施していた感染対策を12日に終了する予定だったが、感染者発生を受け、従業員の検温とマスク着用の義務化、社員食堂や会議室など共用施設の閉鎖、外部訪問者の受け入れ停止などを継続する。

台湾プリント基板(PCB)各社では、華通電脳(コンペック・マニュファクチャリング)や欣興電子(ユニマイクロン)、健鼎科技(トライポッド・テクノロジー)も従業員の検温やマスク着用の義務化、外部訪問者の受け入れ停止などを実施。敬鵬工業(チンプーン・インダストリアル)、瀚宇博徳(ハンスターボード)は従業員の不要不急の海外渡航を禁止するほか、中国から台湾に戻る従業員の隔離中の体調管理を強化する。

■複数県市が尾牙中止

台湾衛生福利部(衛生省)の中央流行疫情指揮中心は12日、新型コロナウイルス感染症の域内感染者を新たに2人確認したと発表。新型コロナウイルス感染者を収容する台湾北部の病院に勤務する医師、看護師と明らかにした。公式には明言していないが、台湾メディアは桃園の病院と伝えた。医師は感染が分かる前に桃園の商業施設などを訪れている。

桃園市政府は12日、防疫措置を強化すると発表し、市政府機関と市内学校の「尾牙(旧暦の忘年会)」を一律で禁止したほか、大型イベントの中止・延期を決めた。

基隆市と新竹県・市も政府機関の尾牙の中止を決定。新竹県は室外500人以上、室内100人以上のイベント開催を取りやめた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品IT・通信サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ギョク太、テスラのサプライヤー入り認める(02/26)

新型コロナ感染者、954人に(02/27)

小売業の売上高が過去最高 1月の商業3業種、卸売も高水準(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

AI広告のエイピア、3月末にマザーズ上場(02/26)

慧栄が竹北で新本部ビル着工、24年に運用(02/26)

聯電が環境用途の社債発行、同社初(02/26)

1月のスマホ販売54万台、前月比2.5%減(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン