• 印刷する

テイクオフ:東南アジア各国で、新型…

東南アジア各国で、新型コロナウイルスのワクチンに関するニュースをよく目にするようになった。特に見かけるのは、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)、米ファイザー、英アストラゼネカ、ドイツのビオンテックなどの製薬会社のワクチンだ。

シンガポールでは、昨年12月30日から医療従事者を中心に、ファイザーとビオンテックが開発したワクチンの接種が開始された。既にリー・シェンロン首相のほか、ガン・キムヨン保健相など複数の閣僚も接種を受けている。国民や居住外国人の希望者全員に無料でワクチンが提供される予定だ。

もちろん自身も無料で接種できるわけだが、果たして機会が回ってきた時に、受けるべきかどうか。食品などにアレルギーが多い体質のため、心配な面があるのが正直な気持ちだ。他国の事例も踏まえ、もう少し様子を見てみたい。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年に入りオフィス勤務…(03/02)

2割が高度デジタル技能習得 6カ国最多、さらなる先端技術へ(03/02)

ヒノデラボ、オフショア開発の管理拠点設立(03/02)

双日、医療大手クオリタスに出資(03/02)

1月の外国人入国者、10カ月ぶり前月割れ(03/02)

1月の銀行貸出残高1%減、下げ幅縮小(03/02)

オラムの食品成分部門、海外上場も検討(03/02)

オフピーク車の登録、10年前から8割近く減(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン