• 印刷する

インド動画配信市場、25年に45億ドル規模に

独立系の調査・コンサルティング会社メディア・パートナーズ・アジア(MPA)の報告書によると、インドのオンライン動画配信市場は、2025年までに45億米ドル(約4,700億円)規模にまで拡大する見通しだ。ライブミント(電子版)が11日に伝えた。

新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり」需要が後押しし、オンライン動画配信市場の20~25年の年平均成長率(CAGR)は26%に達する見込み。45億米ドルの内訳は、動画広告が26億米ドル、定額制(サブスクリプション)の動画配信サービスが19億米ドル。

一方、20年のインド動画配信市場の規模は14億米ドルだった。このうち64%は広告、残りの34%は定額制サービスが占めた。

国内でサービスを提供する動画配信サイトのうち、20年のシェア首位は米グーグル傘下の「ユーチューブ」で43%。これに米系ディズニー・インディアが保有する「ディズニー・プラス ホットスター」(16%)、米動画配信サービス「ネットフリックス」(14%)、米アマゾン・コムが運営する「アマゾン・プライムビデオ」(7%)などが続いている。


関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信サービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:多様な国民の需要に合わ…(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

タタEVへの補助金停止 デリー政府が決定、航続距離懸念(03/03)

2月の二輪販売、前年比で6社がプラス成長(03/03)

工具ビルラプレシジョン、ドリルの生産強化(03/03)

バーラト石油、アッサム製油所の全株売却(03/03)

ドバイ企業、西部州に貨物コンテナ工場設置(03/03)

IATA旅行パス、インドでの運用に向け協議(03/03)

双竜自2工場が稼働再開、再建めど不透明(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン