ティラワ、開発区域の住民に政府が移転命令

ミャンマー当局は13日までに、最大都市ヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)の開発予定地で移転に反対している世帯に対して立ち退き命令を出した。ティラワSEZ管理委員会は引き続き、対象世帯との協議を続け、合意を目指す。 ヤンゴン管区政府が8日付で立ち退きを発令。…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

デモ38人死亡、クーデター後最多に(09:17)

キリンを投資対象除外も、ノルウェー政府系(09:14)

クーデター翌週に輸入75%減 社会不安が影響、輸出減は限定的(03/04)

域内圧力効果なく犠牲者30人近く、国軍暴走(03/04)

ミャンマー外相と呼称せず、ASEAN2国(03/04)

ミャンマー国連大使、正統性訴え=米も支持(03/04)

外務省、2月末の大型人事は「定期異動」(03/04)

ウィン・ミン氏を新たな容疑2件で訴追(03/04)

AP通信カメラマン訴追、デモ取材で(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン