20年に初の人口自然減、超高齢社会が間近

台湾内政部(内政省)が8日発表した人口統計によると、台湾の2020年の出生数は16万5,249人となり、死亡者数の17万3,156人を下回った。人口の自然減(死亡数が出生数を上回る)は台湾の統計史上初めて。25年には65歳以上の人口が全体の20%を超える「超高齢社会」に突入する見通し…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:長く新型コロナウイルス…(05/18)

コロナ警戒で在宅勤務が拡大 大手企業や政府機関は感染者確認(05/18)

新型コロナ域内感染333人、4日連続で最多(05/18)

二輪ヒーロー、来年に電動二輪車の発売計画(05/18)

台北と新北、28日まで小中高などの授業停止(05/18)

台湾からの入境規制さらに強化、隔離延長(05/18)

居留証持たない外国人の入境禁止、19日から(05/18)

日本人学校建設現場、関係者2人がコロナ感染(05/18)

財政部が救済措置、休業業者に減税など(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン