政府、地場開発のコロナ検知器の量産を支援

インドネシアのムハジル・エフェンディ調整相(人材開発・文化担当)は7日、国立ガジャマダ大学が開発した、呼気によって新型コロナウイルスを検出する検知器「GeNose(ジノーズ)C19」と迅速抗原検査器「CePAD」の生産を支援する方針を示した。 研究・技術省は、…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1年ぶりの空の旅。それ…(02/25)

第一生命がネット販売へ 中間所得層の妊産婦に照準(02/25)

コロナ対策費を再補正、699兆ルピアに拡大(02/25)

ストライダーズ、地場不動産管理に出資(02/25)

南部化成子会社、債務支払い猶予手続きへ(02/25)

OTT事業者と地場通信の提携、義務化せず(02/25)

地場IT2社合併、情報保護対策がネックか(02/25)

DFSK、電動タイプ小型商用車を3月発売(02/25)

ガルーダ、B777の機体安全性に問題なし(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン