重機の生産台数、協会が通年で4500台予測

インドネシア重機産業協会(Hinabi)は、2021年の重機生産台数が4,500台になるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの影響で、20年は主要な取引先である鉱業や建設業からの需要が減少したが、今年は前年から約3割増加すると予測した。 協会のジャマルディン会長はNNA…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 農林・水産その他製造天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ECの価格設定に関する規制導入へ=貿易相(03/05)

FB、インドネシアでも政治広告を縮小へ(03/05)

短工期を支える日本の技術 西ジャワ新港、地盤改良と連絡橋(03/05)

配当への所得税を免除、国内再投資を促す(03/05)

IT大手2社の合併、条件付き売買合意か(03/05)

交通インフラ開発の加速、投資公社に期待(03/05)

産業用原料の水産品と塩、輸入規制を強化(03/05)

UTのコマツ製重機販売、1月は14%減少(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン