• 印刷する

新型コロナ感染、比人の9割懸念

フィリピンの世論調査機関パルス・アジアが7日発表した調査で、フィリピン人の94%が新型コロナウイルスへの感染を懸念していることが分かった。一方、コロナワクチンを「接種しない」と回答した人は47%に上った。

新型コロナへの感染を懸念しているかとの質問で、「とても心配している」が74%、「ある程度心配している」が20%、「どちらとも言えない」と「心配していない」がそれぞれ3%だった。

地方別に見ると、いずれの地方も9割以上が「心配している」と回答したが、ビサヤ地方が99%と最も高かった。

一方、既にワクチンが利用可能な状況であれば接種するかとの質問では、「接種しない」が47%と、「接種する」の32%を上回った。ワクチンを接種しない理由として、「安全かどうか分からない」と、安全性を不安視する回答が84%を占めた。

調査は2020年11月23日~12月2日、全国の18歳以上の2,400人を対象に対面方式で実施した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2651人、計57万1327人(02/26)

20年のFDI認可額71%減 過去最大の下落、コロナ打撃(02/26)

テイクオフ:長引くコロナ禍に、最後…(02/26)

コロナ感染新たに2269人、計56万8680人(02/26)

経済活動拡大を検討、現行の外出制限下で(02/26)

完成車の輸入制限、適用除外国を削減(02/26)

ワクチン接種意向、成人の2割=比大調べ(02/26)

1月の国際収支、7.5億ドルの赤字(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン